89: 命令のバグ報告


最新状況

タイトル 命令のバグ報告
状態 保留
カテゴリ バグ
作成日時 2006-06-19 02:29:34
最終更新日時 2008-08-24 20:41:38

履歴

1 | 2006-06-19 02:29:34 | 提案
tormtorm at yahoo.co.jp
textspeed
>テキストスピードを指定するとクリックでテキストが飛ばせなくなる。
autoclick
>textbtnwait や btnwait が入るとオートクリックが利かなくなる。
bgmvol
>bgm 命令での .ogg 再生の音量が下がらない。.mp3 は問題なし。
getspsize
>320x240 用に変換した場合などで縮小された画像サイズをそのまま変数に渡すと、amsp 命令と組み合わせた時の表示位置に問題が出る。

上の三つは NScripter では問題が起きませんでしたのでご報告します。
↓にサンプルを書きましたので参考にされて下さい。
あと他にも幾つか見つけたのですが、一気に報告しても宜しいのでしょうか?



*define
textgosub *text_lb
game
*start
textspeed 500
autoclick 1
bgmvol 0

bg white,1
lsp 1,"1.jpg",0,0
getspsize 1,%1,%2
amsp 1,640-%1,480-%2
print 1

bgm "a.mp3"
「BGM命令MP3再生」\
bgm "a.ogg"
「BGM命令OGG再生」\
end

*text_lb
textbtnwait %0; or btnwait %0
if %0=  0 texec:return
goto *text_lb

2 | 2006-06-19 02:42:42 | 提案
tormtorm at yahoo.co.jp
getspsize が少し説明が足りなかった気がするので補足。

解像度 640x480
スプライト 320x240
getspsize 1,320,240
amsp 1,640-320,480-240
表示位置 320,240

↓変換

解像度 320x240
スプライト 160x120
getspsize 1,160,120
amsp 1,640-160,480-120
amsp に補正
表示位置 240,180
表示して欲しい位置 160,120

3 | 2006-07-30 03:29:28 | 受付済
ogapee at aqua.dti2.ne.jp
バグ報告ありがとうございます。
また、対応がたいへん遅くなってしまい申し訳ありません。

・テキストスピードを指定するとクリックでテキストが飛ばせなくなる。
バグは確認しましたが、対応は次回以降とさせてください。

・textbtnwait や btnwait が入るとオートクリックが効かなくなる問題
textbtnwait については、autoclick が効くように修正しました。
ただ、btnwait については、本家でもオートクリックが効かないように思える
のでそのままです。

・bgm 命令での .ogg 再生の音量が下がらない。.mp3 は問題なし。
バグは確認しましたが、修正するよい方法を思いつかないため、これも対応は
次回以降とさせてください。

・320x240 用に変換した場合などで縮小された画像サイズをそのまま変数に渡
すと、amsp 命令と組み合わせた時の表示位置に問題が出る。
縮小されたアーカイブを正しく扱えないバグを修正しました。

修正した箇所につきましては、20060729 以降をご確認ください。

4 | 2006-07-31 17:14:06 | 受付済
tormtorm at yahoo.co.jp
バグの修正、有難う御座います。
確認しました所、autoclick と getspsize が正常に扱える様になっていまし
た。
それとついでなので残りのバグと思われる物も書いておきます。


lsp
>文字スプライトをボタンに使った時、ボタンの有効範囲が右に広い。
>だからボタンが並んでいる時に有効範囲が隣のボタンに被ってしまう。

btndown isdown exbtn_d spbtn (どれが原因なのか判らない)
>ボタンの押し状態を描写出来る以下の様なスプリクトを書いた場合。
>ボタンがRETURNキーを受け付けない。
>押し状態にしたままボタンの範囲外へカーソルを移動させると、
>何もしていない時のボタン画像に戻らなかったり、
>その後の動作に NScripter とは差異がみられる。


*define
game
*start
setwindow2 #ffffff
erasetextwindow 0
lsph 1,":s/30,30,0,0;#666666か",320,225
lsph 2,":s/30,30,0,0;#666666あ",290,225
lsp 3,":s/30,30,0,0;#ffffff#ccccccか",320,225
lsp 4,":s/30,30,0,0;#ffffff#ccccccあ",290,225
print 1

*btn
btndef ""
exbtn_d "C1C2"
spbtn 3,3
spbtn 4,4
btndown 1

*loop
btnwait %0
if %0=3 vsp 1,1:mov3 %2,3,320,225:gosub *isdown:goto *a
if %0=4 vsp 2,1:mov3 %2,4,290,225:gosub *isdown:goto *k
goto *loop

*isdown
print 1
getspsize %2,%7,%8
*isdown2
getmousepos %5,%6
wait 10
isdown %1
if %1=1 & %5>=%3 & %5<=%3+%7 & %6>=%4 & 
%6<=%4+%8 goto *isdown2
return

*k 
if %1=1 goto *btn
か
goto *btn
*a
if %1=1 goto *btn
あ
goto *btn

5 | 2006-08-03 00:13:56 | 受付済
ogapee at aqua.dti2.ne.jp
バグ報告ありがとうございます。
現象を再現するスクリプトを添付していただいたおかげで、問題箇所の発見が
たいへん楽でした。

> lsp
> >文字スプライトをボタンに使った時、ボタンの有効範囲が右に広い。
> >だからボタンが並んでいる時に有効範囲が隣のボタンに被ってしまう。

文字スプライトの幅を1文字分広く取っていたバグを修正しました。


> btndown isdown exbtn_d spbtn (どれが原因なのか判らない)
> >ボタンの押し状態を描写出来る以下の様なスプリクトを書いた場合。
> >ボタンがRETURNキーを受け付けない。
> >押し状態にしたままボタンの範囲外へカーソルを移動させると、
> >何もしていない時のボタン画像に戻らなかったり、
> >その後の動作に NScripter とは差異がみられる。

btndown 設定時に、入力待ちではないときにボタンを離すと、離したことがボ
タン状態変数に反映されないバグを修正しました。これで、RETURNキーを受け
付けない問題は解決したと思いますが、その他の現象については未確認です。


20060802 以降で修正済みですので、ご確認ください。

6 | 2008-08-03 12:43:24 | 受付済
tormtorm at yahoo.co.jp
> 文字スプライトの幅を1文字分広く取っていたバグを修正しました。
> btndown 設定時に、入力待ちではないときにボタンを離すと、
> 離したことがボタン状態変数に反映されないバグを修正

遅くなりましたが以上二つの内容に関しての修正を確認しました。
ありがとうございます。残りの物は以下にまとめておきます。


textspeed
>テキストスピードを指定するとクリックでテキストが飛ばせなくなる。

btndown isdown exbtn_d spbtn (どれが原因なのか判らない)
>押し状態にしたままボタンの範囲外へカーソルを移動させると、
>何もしていない時のボタン画像に戻らなかったり、
>その状態でボタンを押しても押し画像にならない。

7 | 2008-08-18 00:45:06 | 受付済
ogapee at aqua.dti2.ne.jp
対応がたいへん遅くなり申し訳ありません。

> textspeed
> >テキストスピードを指定するとクリックでテキストが飛ばせなくなる。

textspeed 命令によるテキスト表示速度指定の有無に関わらず、クリックやス
ペースボタンでテキストが飛ばせないバグを修正しました。

exp-20080817a で修正済みです。ご確認ください。

8 | 2008-08-20 02:47:49 | 受付済
tormtorm at yahoo.co.jp
初回クリック以降が最速表示になってしまう
問題が発生しています。ご確認下さい。


*define
textspeed 500
game
*start
クリックしないと\
次ページもテキストスピード500\

クリックすると\
次ページのテキストスピードが最速になっている\

9 | 2008-08-23 18:38:23 | 受付済
ogapee at aqua.dti2.ne.jp
申し訳ありません、修正が中途半端でした。

クリックやスペースキーでテキストを飛ばした際に、クリック待ちの後もテキ
ストを飛ばす状態が継続してしまうバグを修正しました。

exp-20080823 で修正済みですので、ご確認ください。

10 | 2008-08-23 23:47:21 | 受付済
tormtorm at yahoo.co.jp
> クリックやスペースキーでテキストを飛ばした際に、
> クリック待ちの後もテキストを飛ばす状態が継続してしまう
> バグを修正しました。

こちらの修正が出来ている事を確認しました。
ありがとうございました。

11 | 2008-08-24 17:43:22 | 受付済
tormtorm at yahoo.co.jp
exbtnを使ってないとexbtn_dが反映されないというのを確認しましまた。
いつの間にか仕様が変わっていたのですね…昔は気もするのですが。

最後の1つの補足説明を入れておきます。

(1)カーソルをボタンの上に持っていく
(2)ボタンが二つ目のセル画像に変更される
(3)ボタンをドラッグする
(4)ボタンドラッグ状態の画像が表示される
(5)ドラッグ状態のまま、カーソルをボタン画像から外す
(6)ドラッグ状態の画像が消える

NScripter ではこういう流れになるのですが、
現状の ONScripter では (6) で画像が消えてくれないのです。

12 | 2008-08-24 20:41:38 | 保留
ogapee at aqua.dti2.ne.jp
> (1)カーソルをボタンの上に持っていく
> (2)ボタンが二つ目のセル画像に変更される
> (3)ボタンをドラッグする
> (4)ボタンドラッグ状態の画像が表示される
> (5)ドラッグ状態のまま、カーソルをボタン画像から外す
> (6)ドラッグ状態の画像が消える
> 
> NScripter ではこういう流れになるのですが、
> 現状の ONScripter では (6) で画像が消えてくれないのです。

この違いがあることは認識していました。
ただ、これを直すにはボタン処理回りを大きく修正する必要がありそうですの
で、今回はいったん保留とさせてください。

もし既存のゲームでこの現象を正常に扱えないと困ることがある場合にはお知
らせください。

[リプライをつける]
Bug Tracking System 影舞 0.8.8
Powered by Ruby 1.8.7